神奈川県横浜市 美容外科 しばた形成外科・内科

HOME >  形成外科  > でべそ(臍ヘルニア)

でべそ(臍ヘルニア)の手術

  • でべそ(臍ヘルニア)の手術

    でべそは臍ヘルニアが原因で臍窩部の皮膚と皮下の瘢痕組織(ヘルニアの袋)が突出した状態になっているものです。その形は様々で個人差ありますが、瘢痕組織の突出の程度の違いや左右差等によるものです。でべその手術は臍部の突出した皮膚と瘢痕を切除(切り取り)して臍ヘルニアを修復します。瘢痕により生じていた拘縮(つっぱり等)を解除した後に臍窩(おへそのくぼみ)を形成します。おへそ中の突出部分のみ皮膚を切除して縫合し、縦長のおへそのくぼみを形成します。皮膚縫合線は臍窩の中だけなので、キズアトはわかりません。
    手術は局所麻酔で行います。局所麻酔下で手術可能な年齢は、中学生以上です。
    手術時間は約30分間です。
    術後は翌日からシャワー浴可能です。日常生活等に大きな制限はきたしませんが、術後の過度の運動は控える必要があります。
    術後に腹圧がかかるようなこと(重いものを持ち上げる、子供を抱え上げる等)は避ける必要があります。

  • 「当院で行っている手術方法の特長」

    #手術侵襲が少ない 
    #痛みが少ない 
    #手術時間が短時間ですむ 
     ヘルニアの処理方法は、剥離のみで腹膜を含めて切除することはしません。
     剥離した後にヘルニアを還納(中にもどす)するのみで十分です。
     横方向に縫合閉鎖するので、緊張が少なく痛みがわずかです。
     縦長の自然な形態になります。

  • 「他施設で行われている方法」

     ヘルニアを腹膜を含めて切除し縦方向に縫合閉鎖した場合、緊張が強く術後の痛みが強い。
     下半身麻酔あるいは全身麻酔で行うと、入院を要する。
     臍窩の上下の皮膚を切開すると、傷跡が目立つ。
     三角弁形成(三角形の皮膚で形成)は臍窩が横に広くなりがち。
     メッシュプラーク法は異物であるシリコンを埋め込むため臍窩が浅くなり、異物反応を生じることがある。

  • <保険診療による手術費用(3割自己負担額)の目安> 

    初診料 + 血液検査料 : 約¥2.000    手術料 + 薬剤料等 :約¥16.000

  • <当院の手術実績(でべそ・臍ヘルニア手術件数)>

    平成18年:29件
    平成19年:50件
    平成20年:41件
    平成21年:39件
    平成22年:23件
    平成23年:27件
    平成24年:51件
    平成25年:77件
    平成26年:130件
    平成27年:136件
    平成28年:78件

  • おへその正常構造

  • でべその状態

  • 手術方法

    突出した余分な皮膚と瘢痕組織を切除
    ヘルニア嚢の周囲を剥離
    ※ヘルニア嚢を腹膜を含めて切除することは不要

  •           ↓

    ヘルニア門を修復、閉鎖
    ヘルニア嚢を還納した後に横方向に縫合閉鎖
    緊張があまりかからずにすむ

  •           ↓

    臍窩を形成して皮膚縫合
    縦長の形態を形成

  • 皮膚切除、切開線、縫合線はおへその中のみ

  • <代表手術症例写真>

  • 代替画像

     症例1   術前                 術後

  • 代替画像

     症例2   術前                 術後

  • 代替画像

     症例3   術前                 術後

  • お問い合わせはこちら

    TEL: 045-905-5711      
    MAIL: info@shibata-clinic.com      

  • たまプラーザ院

    電話番号045-905-5711

    診療時間

    10:00~12:30 14:00~18:00

    休診日

    日曜・祝日

    アクセス

    東急田園都市線
    「たまプラーザ駅」徒歩3分
    横浜市青葉区美しが丘2-18-14
    プラーナ美しが丘1Fマップ

    メールアドレス

    info@shibata-clinic.com