神奈川県横浜市 美容外科 しばた形成外科・内科

HOME >  インフォメーション  > ドクターコラム

しばた形成外科・内科 ドクターコラム

ワキガ・多汗症の治療(ボトックス注射と汗腺剪除手術)

注射治療

ボトックス(ボツリヌス毒素)をワキの皮下(汗腺周囲)に注射することにより、汗腺(アポクリン腺)の分泌を抑制して発汗と臭いを抑えます。注射のみですから運動や入浴等の制限はありません。ただし効果の持続が約6ヶ月間です。追加の注射が必要です。

根本的な手術治療
根治を望むならアポクリン汗腺を取り除く汗腺剪除手術を行います。手術は局所麻酔で行います。ワキの中央部1ヵ所約3センチの切開から皮膚を翻転して、直視下に確実に汗腺を除去します。手術後の出血を防ぐために安静が必要です。1週間後に抜糸します。

 手術治療は、生活や仕事の制限がある程度伴います。手術か注射治療かいずれの治療を選択するかは、その人の症状と希望にもよりますのでご相談下さい。

記事の詳細を記述します。

  • たまプラーザ院

    電話番号045-905-5711

    診療受付時間

    10:00~12:30 14:00~18:00

    休診日

    日曜・祝日

    アクセス

    東急田園都市線
    「たまプラーザ駅」徒歩3分
    横浜市青葉区美しが丘2-18-14
    プラーナ美しが丘1Fマップ

    メールアドレス

    info@shibata-clinic.com