神奈川県横浜市 美容外科 しばた形成外科・内科

HOME >  インフォメーション  > ドクターコラム

しばた形成外科・内科 ドクターコラム

陥入爪(巻き爪の治療)

陥入爪とは、おもに母趾(あしゆび)の爪甲の内側、外側が、まわりの皮膚に食い込んで痛みを生じた状態です。炎症がひどくなると、爪のわきに化膿に伴う不良肉芽組織ができて、時に出血します。原因は、①深爪の刺激②過度のスポーツ③サイズの合わない硬い靴、ハイヒールの靴④不衛生などといわれています。

治療
「保存的治療」
まずは、抗菌剤入り外用材の治療を行い、局所の安静につとめます。

「不良肉芽の除去」
 保存的治療に抵抗する場合には、不良な肉芽組織を除去します。メスやハサミで切り取る、フェノール塗布、等の方法があります。
炭酸ガスレーザーにより焼灼すれば、痛みや出血が少なく1回の治療ですむといった利点があります。 食い込んだ爪甲を切除するのは、一時的な痛みの軽減にはなりますが、更にまわりの皮膚を盛り上げることになるので注意が必要です。

「根治手術」
 肉芽切除を行っても再発することがあります。この場合は、陥入した爪甲部分が生えてこないように爪母(爪の根元にある爪発生のもとの組織)を切除する根治手術を行います。炭酸ガスレーザーを用いると、痛みや出血が少なくてすみます。

「爪の矯正治療」
 超弾性ワイヤーや形状記憶合金プレートにより爪甲の湾曲変形を矯正する治療法があります。これにより手術せずにすむ場合もあります。ワイヤーやプレートの装着は痛みを伴わず、局所麻酔不要です。運動や生活の制限もありません。爪の硬さにより治療期間は異なります。爪矯正治療は自費診療になります。

記事の詳細を記述します。

  • たまプラーザ院

    電話番号045-905-5711

    診療受付時間

    10:00~12:30 14:00~18:00

    休診日

    日曜・祝日

    アクセス

    東急田園都市線
    「たまプラーザ駅」徒歩3分
    横浜市青葉区美しが丘2-18-14
    プラーナ美しが丘1Fマップ

    メールアドレス

    info@shibata-clinic.com